登録サービスごとにパスワードを変えるのがめんどくさかったのですが、これを見つけてからはだいぶ楽になりました。
特に「文を短縮する」の方法は便利だと思います。




Googleが公開している強力なパスワードの作成方法

さまざまな種類の文字を組み合わせる

次の英数字(半角英字および数字)と記号の組み合わせを使用します。

– 大文字。例: A、E、R
– 小文字。例: a、e、r
– 数字。例: 2、6、7
– 記号と特殊文字。例: !、@、&、*

推奨事項と使用例

半角英字を数字と記号に置き換える

単語やフレーズを選び、一部の文字の代わりに数字と記号を使用します。
例:

– 「Spooky Halloween」は「sPo0kyH@ll0w3En」となります。
– 「Sayonara Sankaku」は「S@y0N@r@3k@ku」となります。

文を短縮する

文を考え、各単語の最初の一文字を使用します。
例:

– 「ピーターおじさんはいつもチョコレートがかかったものなら何でも食べた」は「P0wICgKN+」となります。

長いパスワードを使用する

長いパスワードはより強力です。スペースを使用できるので、お気に入りの曲、詩、格言の覚えやすいフレーズや単語を使用できます。
例:

– 「K@L no K0 wa K@L」
– 「I LOVE U 1madake WA Kanashii Uta Kikitaku Naiyo」
– 「Furuike ya Kawazu Tobikomu Mizu no Oto」