「ストーリーが良いアニメやゲームが大好き!」

私はよくこんなことをいっていました。

だけど最近気づいた。

まったくストーリーの本質を理解できてないわ。

キャラクターの魅力や感動的なBGMにだけだった。

人はストーリーに感動しているわけではない

昔『シュタインズ・ゲート』っていうゲームで大泣きしたことがありました。

大好きな作品だったのでネットで情報を集めていたらこんな書き込みを発見。

「シュタインズ・ゲートはただのキャラゲー。そこらへんの美少女ゲームと変わらん」

これを見てものすごいムカつきました。

「は? シュタゲはそこらの萌えゲーとはちげーから。ストーリーが良いから売れてるんだよ」心の中で反論した。

 

でも今考えてみると、「シュタゲはキャラゲー」って意見を否定できないわ。

もしヒロインたちが美少女ではなく顔面ボコボコのブサイク女だったら、はたして感動できただろうか……

『君の名は』や『時をかける少女』がブサイクなカップルの話だった場合、あんなに大ヒットしただろうか……



するわけねえだろ。

このことがよくわかる事件が「惡の華アニメ化事件」である。

簡単にいえば、『惡の華』という人気漫画をアニメ化する際、白人モデルのアニメ絵でなく日本人の顔にして放送したらアニメファンがブチ切れた事件です。

女キャラをちょっとでもブサイクすると怒る人たちがいるということがよくわかる。

視聴者が感動するのではない。制作者が感動へと誘導しているのだ

「惡の華事件」からもわかるが、視聴者は作品のストーリーなんて見ていない。

というか、「ストーリーや設定を受け、自分の頭で思考して感動する」ということができていない。

じゃあ何で感動してんの? というのは制作者に思考を誘導されているだけなのだ。

 

制作者「こんなことが起きたから主人公が泣いちゃいました。だからあなたもここで泣いてください!」(声優の迫真演技ドカーン!)

制作者「ここがこの作品の名シーンです! 感動してください」(感動的なBGMドカーン!)

制作者「オタクは女の子を出しとけば満足するんだろ?」(かわいい女の子ドカーン!)

 

こういう制作者の意図が透けて見えると萎えてこない?

「感動的なBGMで泣かされる」の意味

偉そうなことをいってるが、私も制作者に誘導されて泣くタイプである。

自分は今までどんな場面で感動しただろう? と考えてみると、「ストーリーで感動した」と胸を張って答えられないことに気がついた。

私の場合、キャラが泣くと私も泣く。

登場人物が困難を乗り越えて夢を叶える。そしておもわず涙が……→私も泣く
運命の2人がいろいろありながら最後には結ばれ涙……→私も泣く




これ、もらい泣きしてるだけじゃね?

ストーリーなんて関係ないじゃん。

キャラが泣いたの見て感動してるだけじゃん。

 

もっといえば、私はBGMでも泣く。

さっき書いた『シュタインズ・ゲート』は感動的な場面で感動的なBGMが流れて泣いた。

『君の名は』や『時をかける少女』でもここぞという場面では感動的な曲が流れる。

これって感動する場面を制作スタッフに誘導されてるだけじゃんか!

ストーリーを自分の中で咀嚼できていないため、制作者の「ここが泣き所ですよ(ニヤニヤ)」という甘い罠にまんまとハマっていた。

彼らの手のひらの上で踊らされていただけである。



なんだよこれ、めちゃくちゃムカつくじゃねーか。

そんでものすごく恥ずかしい。

世の中の99%は感想なんてもっていない

ここまで読んで、「俺はちゃんと自分の頭で感動できてるし」などと思っているそこのお前。

甘い、甘すぎるぞ。

絶対できてないから。

 

  1. アニメやゲームをやり終えた後、「(作品名)+ 感想」で検索することがある
  2. 学生のころ、読書感想文を書くのに時間がかかった
  3. 作品のおもしろさを語る際、「ヤバイ」「すごい」などの言葉を多用する

これらに当てはまったヤツ、貴様はこちら側の人間だ。

制作者に踊らされている側の人間だ。

 

現実を受け入れられないのなら、試しに好きな作品の感想を文字にして書いてみろ。

全然できねえだろ。

本当に好きで感動した作品なら無限に感想が溢れてくるはずである。

しかし感想が書けないというのは、自分が作品おもしろさを理解していないということだ。

 

それってめちゃくちゃ悔しいよな。

私もブログを書いているが、好きな作品こそうまく書けない。

よって下書きのままで公開できない。

大好きな作品なのに良さを語れないってものすごく悔しい。

 

ならばできるようにトレーニングするしかない。

「言葉にできる」は武器になる。』という本には以下のようにある。

頭で考えていることを書いてみたり、口に出してみようとすると、言葉に詰まったり、思うように表現できないことが多い。
頭では十分に理解できており、今すぐにでも言葉にできると思っていたのにもかかわらず、である。
(中略)
言葉にできないということは「言葉にできるほどには、考えられていない」ということと同じである。
どんなに熟考できていると思っていても、言葉にできなければ相手には何も伝わらないのだ。

〈言葉にできないということは「言葉にできるほどには、考えられていない」ということと同じである。〉

そういうことか。

私は思考停止していたということだったのか。

 

ならば考えるようにしよう。

おもしろかったと思ったならば、「なぜおもしろかったのか?」と考える。

感動したシーンがあれば、「なぜ自分はここで感動したのだ?」考えてみる。

作品への愛を育む練習をしよう。

 

ということで、ここまで読んでくれたあなたに問う。

このブログを読んでどう思ったのか?

下にあるコメント欄に300字前後で答えよ。

追記
バラエティ番組で「笑い声」が挿入されていたり、芸能人がワイプで大げさな驚きの表情を作っているのをよく見かける。

ああいうのは「ここが笑いどころですよ」「ここでビックリしてください」というのが伝わってきて、じつに寒いと思っていた。

しかし制作者に操られている私は、そんな寒い連中以下の存在だったのだ。